インクとトナーの違い

インクとは、染料や顔料などを含んだ液体のことで、文字や絵を描くときに使用されるものです。
油性や水生と描く素材の性質によってインクの材料も変わります。
万年質やペンもインクを使用していますし、書道で使用する墨もインクの一種と言われています。
一方のトナー、レーザープリンタや複写機と呼ばれるところで使用されるトナー。

家庭用プリンターではあまり耳にしないのですが、とても優れもの。
帯電性を持っているトナーは、プラスチック粒子に黒鉛や顔料などを付着させたミクロサイズの粒です。
帯電性があることから静電気を利用して紙にトナーを複写させ、熱で定着させる技法を用いることで印刷できます。
トナーそれ単体で色を出すのは難しくカートリッジという専用の容器に入れて使います。
会社に大きなプリンターや業者用などのプリンターは、このタイプが多くカートリッジの交換をした経験も多いのではないでしょうか。

家庭用のプリンターはインクの容器をそのまま取り換えることが多いのではないでしょうか。
ボトルのような小さい容器に入っている液体はインクですね。
インクは用紙が限定されてしまうので、家庭用プリンターがぴったりです。
家庭用プリンターで使用する紙は限られてますから。
インクの場合、時間の経過とともに紙に浸透していくので一度浸透すると、色落ちすることはありません。
そして紙は変色してもインクの色は色落ちしなません。
しかし、トナーは時間の経過とともに変色してしまいます。


■管理人特選サイト
リサイクルトナーを専門に販売している通販サイトです > リサイクルトナー

Copyright © 2014 インクとトナーの違い All Rights Reserved.